双子のsomatomaと妹Shimaの記録


by moriemimoriemi
カレンダー

2008年 09月 01日 ( 1 )

妊婦?

インターネットでしか購入できないと思っていた、小さく産まれた赤ちゃん用の紙おむつが、岡山市内の赤ちゃん用品のお店で売られているという情報を同じマンションの双子ママから聞き、行ってきました。
私と主人が、おむつの前でどれくらいの量を購入しようか?と悩んでいたら、近くにいたお店のレジ担当の人が「あの~、病院からお子さんが小さめだと言われましたか?」と聞いて来られました。「はい」と応え、ひとまず支払いを済ませました。
「なんであんな質問をされたんだろう?」と主人と話しつつ、今後、ちょくちょく買い物に来ることになるだろうと、会員カードを作った後、別のコーナーへ。

おしり拭きや病院で着せてもらっているようなパイル地で日本製の肌着が欲しくて購入したのですが、その後のレジで作ったばかりの会員カードを提示すると「今、肌着の割引券があるはずなんですがお持ちですか?」と聞かれ、カードを作った時にいただいたいろいろな広告類をお店の人に見てもらって探したのですが見つからず。
「妊婦会員さんだとあるはずなんだけど」と店員さん同士で話している声が聞こえたのですが、私もよく理解していなかったので黙って見守っていると別の店員さんが「割引券が入っていないのでインフォメーションで確認してきますね」と言ってインフォメーションへ向かい、レジの店員さんは「割引券があるはずだから10%引きで会計させてもらいますね」と肌着を割引してくれました。支払いを済ませ「少しこのままお待ちいただけますか?」と言われて待っていると・・・
インフォメーションからレジへ電話が鳴った。
レジの店員さんが「いやいや、妊婦会員さんよ!」と言った後、
私に「お客様失礼ですがお名前を教えていただけますか?」と聞いた後、一度電話を切り、再度電話が鳴りました。
レジの店員さんが「あら、そうなんですか」と電話口で言った後、
今度は私に「お子さんはもうお生まれになられているんですか?」と聞いてこられたので「はい」と応えると・・・
「妊娠中の会員さんにだけの割引サービスだったんですが、もうレジを済ませてしまったのでこのまま割引させていただきます。お待たせして申し訳ございませんでした」と・・・。

ショック。
でも、どさくさに紛れて割引してもらってしまいました。
確かに、まだ体型が戻りきっていないので産前に着ていたワンピースとレギンスを着て紛らわしい格好をしていたし、子供も連れず主人とふたりでしかも50サイズの肌着を購入したので産前だと間違えるのも無理ないと思うのですが。
そこでようやくおしめを購入した時の店員さんの質問が理解できました。私たち夫婦が通常の新生児用のおしめと間違えて購入しようとしていると思われたに違いありません。私も主人も納得。


****************************************************
c0172870_5552948.jpg

先日、学生時代の先輩から「大きいけど袖を折ったりして長く着れるよ~」とお祝いでいただいた90サイズのパーカー。
もうすぐ3歳になる甥っこに「試着室ごっこしよ~」と言って試着てもらいました。
ぴったりサイズで、しかも甥っこも気に入ってました。姉も「可愛いな~。hiroにも同じの買おうかな~」と言ってました。

[PR]
by moriemimoriemi | 2008-09-01 06:01 | 私のこと